新井高子英訳詩集『Soul Dance』


Soul Dance
  • 2008年刊、全64頁、
  • ISBN: 978-4-9904416-0-9
  • 1000円+税
  • 翻訳:ジェフリー・アングルス+ 中保佐和子・中井悠
  • カバー・アート:鈴木冬根(未知谷)

日本現代詩の、新しい過激な声を英訳した詩集。
かつてない挑戦!

“これは、声を詩の骨に、韻律をその関節に、意味と表記を肉と肌にして、言葉そのものを動かす、「言葉の生きている姿」を追求しようとした詩集です。詩の場所は「更地」です。” —著者の序文より

Introduction
序文の全文が日本語で読めます。
Poems
「Other Voices International」に、この詩集の作品が、いくつか掲載されています。
Interview
訳者のアングルスが新井に行った、インタビューの日本語版が読めます。
Book Review
「ジャパン・タイムズ」(2010年1月24日)に掲載された書評が読めます。

お問合せ

英訳詩集「Soul Dance」にご関心のある方は、ミて・プレスにご一報ください。

略歴

  • 新井高子(詩人)
    1966年群馬県生まれ。生家は桐生市の伝統産業・織物業を営む。慶応大学文学部卒。
    第1詩集『詩集 覇王別姫』(緑鯨社、1997)。第2詩集『タマシイ・ダンス』(未知谷、2007)で第41回小熊秀雄賞受賞。 詩と批評の雑誌『ミて』編集人。

  • ジェフリー・アングルス(訳者)
    米国・西ミシガン大学准教授(近現代日本文学研究)。
    『Japan: A Traveler’s Literary Companion』(Whereabouts Press, 2006)を共同編集。
    伊藤比呂美英訳詩集『Killing Kanoko』(Action Books, 2009)、多田智満子英訳詩集『Forest of Eyes』(University of California Press, 2010)を翻訳。

    URLhttp://homepages.wmich.edu/~jangles/
  • 中保佐和子(訳者)
    日本生まれ、米国育ち。自著による英語詩集の新作は、『Hurry Home Honey』(Burning Deck, 2009)、『Texture Notes』 (Letter Machine, 近刊)。訳書として、平出隆英訳詩集『For the Fighting Spirit of the Walnut』(New Directions, 2008)、『Four From Japan』(Litmus Press/Belladonna Books, 2006)、左川ちか英訳詩集『To the Vast Blooming Sky』(Seeing Eye Books, 2007)。

    URLhttp://www.factorial.org/sn/sn_home.html
  • 中井悠(訳者)
    音楽を作り、本を読み、考えを翻訳し、ロボットを操縦し、宝くじを買う。no collective (http://nocollective.com)のメンバー。最近の作品は、《concerto no.1》、《aliaj cirkvitoj》、《si me non videas, esse negabis avem》など(すべて2008年)。最近のプロジェクトは、「コーポ・プラムヒル・プレイハウス」の設営とメンテナンス(イェレナ・グラズマンと一緒に)、電子回路に入れ込むこと、くりかえしを避けること、など。

日本語詩集について

日本語詩集『タマシイ・ダンス』については、版元・未知谷のサイトをご覧ください。なお、www.amazon.co.jpもご利用になれます。